2003年度 推薦論文


研究発表会

 第25回研究発表会

 
論文番号 11
「動的ゾーン制御を用いた連続型路車間通信システム」
朝倉啓充(慶應義塾大学)、福井良太郎(慶應義塾大学/沖電気工業株式会社)、中村めぐみ(慶應義塾大学)、
屋代智之(千葉工業大学)、重野寛(慶應義塾大学)、岡田謙一(慶應義塾大学)
推薦理由 本論文は、DSRCを用いた連続型路車間通システムにおいて、 交通量に応じたゾーンの動的制御手法を提案し、シミュレーションにより評価し ている。本手法は、車両密度に応じてゾーンサイズを変更して基地局の通信スロッ トを効率的に割り当てるとともに、車両追跡に基づきゾーンを拡大・縮小するこ とでハンドオフ回数を削減する。本研究の適応的な手法は、無線リソースの有効 利用と通信の継続を両立する点で実用性が高く、ITS通信サービス品質の向上を 図るものとして高く評価でき、今後ますますの研究発展が期待される。

 第26回研究発表会

 
該当なし

 第27回研究発表会

 
該当なし

 第28回研究発表会

論文番号 3
「IEEE 802.11省電力端末のTCPプロキシ搭載AP間ハンドオフ機構」
ダムラクス タナプーム,グエン ホアイソン,金子 晋丈,森川 博之,青山 友紀(東京大学)
推薦理由 本論文は,著者らが従来より提案しているIEEE 802.11省電力モード下でのTCPスループット改善手法である省電力TCPプロキシを用いつつ,端末の基地局間移動を支援するモビリティサポート機構について議論している.本手法の特徴は,TCPプロキシの実現方法として基地局で通過フレームを監視するスヌープ型を採用している点にあり,基地局でTCPコネクションを終端するスプリット型に対し,TCPコネクションの管理の容易さ,既存アプリケーションサービスとの互換性,基地局に要求される性能という点で優れている.同手法は実用性が高く,伸び悩むモバイルインターネットの普及を促進する技術として高く評価でき,今後の研究発展に期待が持てる.
論文番号 10
「アドホックネットワークにおいてスマートアンテナを利用したMACプロトコルの特性評価」
高田 昌忠,長島 勝城,渡辺 尚(静岡大学)
推薦理由 著者らは,スマートアンテナの利用を前提に,その2つの特徴,「干渉の低減による空間利用率の向上」と「通信エリアの拡張」を考慮した無線アドホックネットワークMACプロトコルSWAMPを提案している.本稿では,SWAMPの計算機シミュレーションによる性能評価を行っており,同プロトコルのスループット,チャネル利用率,オーバヘッド特性を議論している.結果,IEEE 802.11 DCFと比較して基本性能の向上を確認できたとしている.さらに,ビーム幅,再送回数,NHDIテーブルの有効期間を示すTTL値が上記基本性能に与える影響について検討を行い,実用に向けて検討すべき要件を整理している.同手法は実用性が高く,伸び悩むモバイルインターネットの普及を促進する技術として高く評価でき,今後の研究発展に期待が持てる.


[ホームページへ] [推薦論文へ]


Copyright ©1998-2002 IPSJ SIG-MBL. All rights reserved.
This page last modified on Tue, 17, December, 2002.